読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホの時代にアマチュア無線、さらに煩わしい、、

CW:即ちトンツーにはまって4年目の冬を迎えます。

その前段に*符号の暗記つまり0~9の数字に

アルファベット26文字、それにわずかな

記号の暗記があります。

ここまでは21年まえ、アマチュア無線の免許を

取得するときに覚えました。

ここまではCWをやるというより

2級アマチュア無線技士(2アマ)を取得したいための

単なる丸暗記です。

実際の運用に徐々に入って行ったのが

2010年の7月からです。

*までの記憶は残っているし、2アマなら

資格のうえでは、**ラバースタンプと呼称している

簡便なCW交信はすぐに可能です。

相手が居て、最低限の設備があれば

世界中に電波は飛んで行きます。

出力10ワットでも飛ぶときは

地球の裏側でも、飛んでくれます。

さて問題はその先です。

**の形式だと、お手軽なだけに

2回目、同じ相手と交信するときに

話題が広がりません。

だってアータ、毎度毎度お天気や

住んでる町の名前を話題にしても

小学生にだって、相手にされません。

そこでドットとダッシュつまり

短点と長点の単純な組み合わせだけで

日本語交信ができる和文CWでもやろかいなと

相成るわけです。

そこから和文交信の段階にステータス(エラそうですね)を

あげるのは、もう簡単簡単~猿でも可能です。

*に加え、***アイウエオ31文字の暗記さえできれば

楽しい日本語交信の世界が広がります。

ワタシは、記憶の天才かな?とかねがね

自惚れているのですが

たかだか1日半、延べで3時間で暗記できました。

そこからの、長い長い苦闘の歴史は

とりあえず、下記をご覧くださいね。

ではまた。

            FUMIYAN/1級アマチュア無線技士

                         関西在住

http://www.a1club.net/forum/read.php?FID=6&TID=878

ログインID&パスワードは

ともに599。

A1クラブ(A1はCWの電波形式に由来)の

HPに入ります。