読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電王戦<コンピュータVS人間の将棋の戦い>

今夕(3/12)の朝日の夕刊にも出てましたが

また、電王戦が始まりますね。

電王戦~すなわちコンピュータを人間が操作して

人間の棋士と闘うわけです。

で、ワタシは将棋も囲碁も、チェスも

まったく理解できないのですが

昨年、ちょうど1級アマチュア無線技士の勉強をしていたころ

ふとしたきっかけで電王戦の本を見つけて読んでいました。

 

最高レベルのランナーですら時速36Kmが限界なわけで

つまり、人間が自動車とまともに100メートルを競うことは

もはやナンセンスな訳です。

 

そのナンセンスなレベル、すなわち

そろそろプロ棋士の最高レベルでも、コンピュータに勝つのが

難しくなっているのが、いまの電王戦だそうです。

こうなることを予見して日本将棋連盟はコンピュータと

所属する棋士の対戦を禁止してきたのですがね、、。

 

さらにこれから数年後の近未来、将棋の世界において

人間がコンピュータに負けるのがすっかり当たり前になる状況

それが、チェス対コンピュータの世界です。

その勝負がついてしまったのが2006年11月。

 

朝日の夕刊によると、勝負を面白くするために

主催者側はコンピュータを連結して演算するのを禁止したり

持ち時間を1時間増やしたり、果ては将棋ソフトを事前に

貸与して、人間にコンピュータの手の内を知らしめたりと、

人間さまに配慮してあげないと、いよいよ面白い勝負には

ならなくなってきたのが、現実らしい。