読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年セパ交流戦の行方

昨年の交流戦セリーグの上位は、

③巨人 13勝10敗Ⅰ分

阪神 12勝11敗Ⅰ分

⑧広島 11勝13敗

なんのことは無い、セの今年の上位3チームが

そこそこの成績を残していた訳である。

 

そこで弱い阪神に望むことは

何とか、借金2までで乗り切ってもらいたいと言うこと。

このチームの不可思議なところは

ここ数年、9月になると体力が落ちるのか

極端にモチベーションが落ちることである。

その例が、3位とはいえ、昨年

勝率が5割に届いてなかった広島にクライマックスシリーズ

2連敗した事である。

 

戦力的なことは、経営する阪神球団の責任だが

戦闘集団のモチベーションを保つのは、やはり

監督の責任という他ない。

どうもあの、試合後の和田監督の他人事のような談話

気になってしかたがない。