読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間の核の部分は変わらない

何が言いたいかといえば、

阪神わら監督の勝負勘の話だ。

ワタシを含め、後ろで見ている野球のフアンは

素人なのだが、その素人を納得させる用兵をして

なおかつ、結果も出さないといけないから

プロ野球の監督は大変なのだろう。

 

以下はヤクルト~阪神と渡り歩いた広澤解説委員の

ブログのパクリです。

<野村監督のヒットエンドランを出すタイミングは絶妙だった。

次の投球がストライクかボールなのかなんて 「勘」しかない。

その勝負勘こそが リーダーのセンスだと思う。

12球団見渡して その勝負勘があるリーダーが野球界に何人いるのか心細い。>

彼が書いているのは今シーズンの開幕の京セラドームの中日vs阪神戦のことである。

 

それなら、ワタシもわら監督のプロ野球人としての

勝負勘を検証してみたい。

 

今シーズン、プロ野球は、まだ14~15試合を消化した段階(4/11)で

阪神はいま甲子園で戦ってるカープで、

ようやくすべてのチームとの対戦がおわる段階である。

今のセリーグの状況は、昨年のAクラスとBクラスがそのまま逆転して

あろうことかキヨシのDeNAが首位なんで心理的に、すごく楽なんだが

だからこそ、GWまでには勝率5割はキープしたい(トホホッ)。

 

でっ、ボヤキたいのは、

何で梅ちゃんのリベンジの打席で

交替させて、あろうことか

それが2回とも新井良で、

しかも不発やねん。

 

打者梅野は、修正能力があるんで最初の打席で凡退しても1試合4-5打席立たせたら

後になるほど対応できる打者やねん。

わらという男は、野球という勝負をしているんじゃなくて

チームのバランスとか、球団首脳へのエクスキューズとか

あるいは自分の対面のほうに重きをおく、まぁ小役人みたいなヒトなんですな。

 

わらさんには、プロ野球の監督としての勝負勘が

致命的に欠けてると思うのですがね、、。

まぁ現状、梅ちゃんを14試合すべてでスタメン起用してくれてるから

ゴメンしたるけど、。

 

今日の試合を晋太郎でとれたら、何とか恰好はつくのですがね、

まだ4月12日やし。