読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阪神タイガースという病理

阪神球団が、フアンを大切に思っているというのは幻想である。

 

1位にならずともAクラスでお茶を濁してCS敗退(昨年は例外中の例外)。

CSさえ出れれば、何とか恰好だけついて

また来年も甲子園は満杯になるでぇ。

そんな思惑が透けて見えてるのに、怒らない阪神フアンは大人しいもんだ。

 

球団経営者(編成やね)が責任をとらない組織だと永遠に体質は変わらない。

エイチ・ツー・オーリテイリング総体で考えれば、

それでもオイシイと考えているのだろう。

 

プロ野球は、親会社の宣伝媒体という思考から抜け出せない。

日本のプロ野球の病理を、シンプルに象徴していて非常に分かりやすい。