読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和天皇は戦争を選んだ!

増田都子著作(社会批評社)のタイトルである。

 

私たちは日本社会に住んでいる訳で

日本の一般常識のなかで暮らしていると

何の違和感を感じていない常識が

海外の常識では、とんでもない非常識であることがある。

 

先の敗戦で日本の内外に未曽有の惨禍をもたらすに至った

対英米にたいする宣戦布告については

昭和天皇は、時の政府と軍部の傀儡で

何の責任(戦争責任)を負わない生来の平和主義者であったいうのも

その一つである。

 

ここで多く語るつもりは無いが

朝日、読売といった全国紙並びにNHKをはじめとする民法各社が

*天皇家、皇族に対して敬語でしか報道しないことに

わたしは、限りの無い違和感を覚える。

 

敬語報道=無批判の報道である。

敬語報道には昭和20年8月15日の境目はない。

天皇家、皇族というのは、血税で生活しているわけで

いわば公人ではないのか。

 

天皇家というのは、その源流は大和朝廷の豪族の親分で

雲の上に登って神格化されたのは、明治政府の国策によるもので、

それはたかだか100数十年まえのことである。

 

いうまでもなく、それに先立つ300年間は

日本の最大の権力者は、江戸の征夷大将軍であった。

もっとも、さばけた時代で

たまに、江戸市中にお忍びで現れて

おれは貧乏旗本の三男坊だと

徘徊したらしいが、。

                          以上