読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年 プロ野球開幕 阪神vs巨人(東京ドーム)

弱い阪神は、昨日(3/29)は辛うじて勝てた。

巨人は、*東京ドームをフランチャイズにして

なおかつあれだけの殺人的破壊力のある打線に加え

非常識極まりない防御率1点台の3人のストッパーに

終盤の3イニングを任せる野球をやってる。

 

打線についていうと、読売のやり方はさらに洗練されてきた。

従来は他球団の4番をとっ替えひっ替えかき集めていたが

彼らは往々にしてあまり守備に気を遣わない1塁手だったんで

打線が肥満化して、動脈硬化をおこしていた。

昨年あたりから各ポジションのいやらしいスペシャリストを

金に飽かせて強奪する手法(井端に片岡!)に変えてきたので

チームとしてちゃんと機能されてきている。

なんと、井端にいたっては、ベンチ待機や。

*についていうと、巨人は70試合以上、ドームの中、空気を乾燥させて

打球をピンポン球のように飛ばす野球をしてる。

かたや阪神は非力なうえに浜かぜが吹きまくりで

左打者のホームランは封殺されてる

 

これから半年間で140試合以上やって

その勝率で競うわけであります。

あまりに大きな条件の違いがあるように思うのですがねぇ。