読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4/17 広島3連戦は負け越し

飲み屋の喧騒のなかマツダ球場と神宮の試合をWで観戦。

神宮の巨人vsヤクルトですが

Bクラスであえいでいるチームの中継ぎレベルの投手だと

巨人の超重量打線が虐待してるようで

観てて健全にスポーツを観戦する気持ちになれない。

 

かたや、広島ですが、

年間144試合もやるんで、負ける日もあります。

 

しかし真弓~和田と阪神の監督は、あたまが悪いというか

なんで、(*)ノーアウトで塁に出ると

判で押したようにバントなのか?。

ムカシに比べ、ヒットエンドランという戦法は

どこもあまりやりませんね。

しかしこのバント戦法は、相手に確実にアウトカウントを

プレゼントするし、次打者にはプレッシャーがかかるし

あまり賢い戦法には見えないのですがね。

またバント自体が簡単なものでは無い。

大和に至っては、バントのサインにふて腐れてるのかなと

思うくらい最初のストライクはファウルで失敗する。

巨人にいた柴田は、足は速かったが

バントはヘタくそだった。

 

それで(*)ですが、むかし誰かが書いてましたね。

<川上の野球はつまらん。

柴田が出ると土井が判で押したようにバント。

次の王は敬遠で1死1-2塁で長嶋。

だから柴田がでると、まずトイレ休憩にいく。>

 

つまらんのには、大前提がある。

奇跡的にバントが成功したとして

ワタシの記憶が誤ってなければ

阪神の打者が、つぎにタイムリーヒットを打つ場面を

見たことがないからですね。

 

でっ、今日(4/18)は能見vsライアン小川か。

またタフなゲームになりそうだ。

なぜ、ヤクルトは小川をGにぶつけないのか?。

違法な統一球を、ミズノが大量在庫してるからという理由で

夏頃まで使い続けるのと同じくらい不条理だ。