読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まったく頭の痛いことでご座います。

タイトルから、もう何を書いているかはご存じでせう。

能見にスタン、藤浪に岩崎このあとの5人目が

なかなか出てこない。

先発の5人目については、和田監督と中西コーチを交えて

これまでいろいろ試行錯誤して参りました。

榎田、秋山そして、なぜか2回もチャンスを与えられた

4/27のDeNA戦に先発の歳内投手。

歳内クンのストレートのショボさとノーコンぶりには、

観戦された諸兄に於かれましては、さぞかし沈痛な思いを

されたことと存じます。

いろいろ調査しますと、かれは2011年の夏の甲子園

1-2回戦で合計30奪三振をしたようですね。

その球歴が物語るようにプロ野球に入るような選手は

ことほど左様に、輝かしい才能をもって将来を嘱望されて

入ってくるのですが、まさしく厳しい現実にさらされて

いるのが現実であります。

ストレートにキレが無いうえにノーコンで

四球でランナーを溜めて、エイヤと投げた甘い球を

痛打されて大量失点で炎上と、2試合連続のKO劇でありました。

 

①二軍レベル

②、①で見るべきものがあって一軍で先発起用して初回に失点

③、②の上だが相手打線の二回り目で降板

④、③のやや上だが勝利投手の権利を手にして打ち込まれる。

阪神でいうと③~④が秋山で、そのうちクソ度胸だけあるのが榎田か。

 

いつも感じるが、若い投手はコントロールが悪くて

1軍に残れないのですが、何もど真ん中に投げるのが制球ではない。

あぁもどかしいですな。

それでいくと、先発のローテに入って2勝してる岩崎はエライ。

藤浪晋太郎もうかうかしてると、シーズン終盤には

先発の3番手の地位が危ういよ。

よくもまああれだけの選手がなぜドラフト6巡まで

残ってたんやろ?。